海の駅潮彩館
好きだから・・・三瓶 みかんず(c)studio tama,syu

太陽と海につつまれた 生活と文化のまち三瓶  所在地:愛媛県西予市三瓶町 >  MAPで確認

お問い合わせミカメリンク
2009カブトエビ探索
さて、今年もやるぞ!カブトエビを探索だ!

2009カブトエビ探索

さてさて、皆さん。また、今年もこの時期がやってまいりました。
昨年は、昔大量にいた筈の「カブトエビ」を見つけられず、非常にガッカリしたもんでした。
しかし今年こそはと!と鼻息荒く、性懲りもなく編集長以下2名で、三瓶町津布理の田んぼに探索に出かけました。
(宇都宮編集長、藤尾編集員、濱口編集員の3名で探索に行きました。)

昨年の成果(生きている化石「カブトエビ」)(・ω・`)ショボーン

さーて、探索開始!

5月も下旬、そろそろ田んぼに水も張られて、田植えも終わり、数週間が経ったこの時が狙い目!
早速、三瓶町津布理の田んぼにやってきました。
さてさて、今年こそはアイツに出会うことができるのでしょうか?

津布理の田んぼ
毎度おなじみ、津布理の田んぼです。稲が等間隔に並んでて、気持ちいいですね。
津布理の田んぼの中
田んぼの中を、ジーっと覘いてみると。アレっ、何かいっぱいいる!!
ホウネンエビの大軍!
大量の「ホウネンエビ」がいました!早速、捕獲(`Д´)ゞ


おっ!おるおる!いっぱいおるがな!!
「ホウネンエビ」の大軍がいっぱいおる!!(編集員達のやる気は鰻登り〜)
肝心のアイツがおらんが、「ホウネンエビ」が大漁じゃーー!
意外とすばしっこい「ホウネンエビ」ですが、沢山いるので捕まえるのは容易です。

気になるアイツ!

大量の「ホウネンエビ」を捕獲して、意気揚々とする我々ですが、やっぱり何か足りません。
気になるアイツ、そう「カブトエビ」を見つけなければ!
愛らしい「ホウネンエビ」達を尻目に、アイツを探す事にしました。

カブトエビ1
じーっと目を凝らしてみると…あっ!!「カブトエビ」だ!皆さん、見えますか!ちょうど真ん中の辺りにいます!
カブトエビ2
よっしゃー!念願の「カブトエビ」を捕獲です。
カブトエビ3
さぁ、カッコイイ姿を撮らしてくれ!ああっ、ちょっと!裏返るな!(フナ虫ではございません)


うーん、なかなか見つから…、ん!オタマジャクシか!?………アッー!!!
いたよ!アイツがいた!!「カブトエビ」や〜♪
我々のはしゃぎ様に、近くで仕事していた人に不振な目で見られてるのもお構いなし!
早速、捕獲です。
もっと、目を凝らして見ると…、あっ、またいた!あそこにもいる!!
何匹もの「カブトエビ」達が、田んぼの中を泳ぎまわっていました。
昔見た大量の「カブトエビ」を見る事はできませんでしたが、あの生きている化石と呼ばれている「カブトエビ」に、また合う事ができた瞬間でした。

カブトエビ

カブトエビ

「カブトエビ」を捕獲した我々はその成果を自慢すべく、編集長の嫁様に見せた所、




  @
( ´_ゝ`)

(・д・ノ)ノエッ!反応薄っ!!

その日のビールは、なんだかすこし塩味がしました。(漢達のロマン終了)

「カブトエビ」達はその後も、泳ぎ回って、なかなかベストショットを撮らせてくれませんでした。
決して、カメラの腕が悪いのでは…ないと信じます。(´・ω・`)

動画

せっかくなので、田んぼの中の「ホウネンエビ」と「カブトエビ」のキモカワイイ姿を御覧ください。

「ホウネンエビ」


「カブトエビ」